2011年12月31日

ユダヤ人の教育と日本の教育の違い、考え方の違い?

島マースコーナー(あなたはがたは、地の塩である) マタイ5:13
                                                       その1
 
shimasolt01.jpgハイサイ!
Are you チャ〜ガンジュ〜? 
 
 私がなぜ、ユダヤ人に関心を持つようになったかといえば、現在、ユダヤ人は全世界に1,300万人いるといわれている。世界の人口の0.2%に過ぎない。しかしユダヤ人ほどあらゆる分野で成功を収めている民族はいない。

 ユダヤ人についてまず思い浮かぶのは「頭がいい」「金儲けがうまい」ということである。そして、ユダヤ人の頭脳的パワーや頭の鋭さの秘密は、ユダヤ人独特の「5000年の英知」にあると言われています。彼らは有史以来多くの創造的な人材を生み出し、世界の歴史を動かしてきた。たとえば、ノーベル賞一つとっても、1901年以来、経済で65%、医学で23%、物理で22%、科学で11%、文学で7%の受賞者がユダヤ人である。

 彼らがなぜ、このように優秀な人物なのか、それは彼らの教育にあります。ユダヤの母親は、子供が2〜3歳になると毎晩寝る前に、楽しいナゾナゾゲームをやり、子供によく考えるようにさせ、5歳になったら、聖典のページを開きその上に、蜜を一滴落として、子供に口づけさせ、学問がもたらす成果が甘いものであることを教える習慣がある。アルファベットの文字を教えるときも、蜜入りのクッキーで文字の形をつくり、一つずつそれを食べさせながら、文字を覚えさせる。学ぶことは、楽しくて甘いものであることを知る。

 小学校に入学するとき、日本の母親でしたら、毎日家を出る前に「先生の言うことを静かによく聞くのよ。」と言って送り出す。ユダヤの母親は、「学校に行ったら、先生にたくさん質問するのよ。」帰ってきたら、お母さんにも教えてねと言って送り出す。子供が帰ってきたら,早速、いくつ質問したの?どんな質問したの?と聞いてから、褒めてあげ、おいしいおやつをもらう。

 子供は、よし、明日ももっと頑張って質問しようと張り切る。確かに質問するからには、何がわかって、何がわからないのか区別できないと質問ができないので、一生懸命学び、わからないことを質問する。「学問とは、問うて学ぶ。」と書きます。

 それを毎日実践しているのがユダヤ人です。そして同時に「学校は、他人と違うことを大切にすることを学ぶ。」 「その人でなければ持っていない力を引き出すことが、教育である。」

 日本の教育は、どちらかといえば、受け身の教育です。ただ静かに集中して聞き、先生や仲間と同じ考え方になることを望む。したがって、他人と違う意見を言うことや質問することに抵抗を感じる。また、それにたいするいじめなどがあり、子供たちが学校嫌いになったり、不登校生が増えるのも無理のないことだと思います。

 「ユダヤ人が二人寄ると、三つの意見が出て,四つの政党が生まれる。」、昔からそう言われてきた。建国以来半世紀余り、イスラエルでは、一つの政党が過半数を占めたことが一度もない。現在、十の政党が、大なり小なりひしめき合っている。

 ユダヤ人の考えは、「意見が多ければ多いほど良い、多ければ、それだけ真理に近づける。」だから違った意見を喜び、大事にする。好んで耳を傾ける。そして、より良い結論を見出すまで努力する。

 「ヘブライ」の意味は「もう一方に立つ」すなわち、客観的な立場から自分を見つめ直すことができる。一方のことだけにこだわらないで、柔軟性を持つこと。

 ヘブル語には、一つの単語で、二つの違った意味を持つ言葉が多いのも面白いですね。たとえば、わたしは「沖縄のホフマー」といいますが、ヘブル語で「ホフマ」の意味は、「英知」と「ジョーク」です。相反する意味を持っているのが大好きです。

 ユダヤ人はバランス感覚がいいですね。あなたはどう思いますか?


posted by 沖縄のホフマー at 14:07| Comment(0) | 島マース(英智) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

沖縄・ユダヤの類似性

tomoehoshi02.jpgハイサイ! チャ〜ガンジュ〜ヤミセ〜ンナ〜?
(こんにちは!お元気ですか?)  その1

「ウチナ〜moonのチムグクル」(沖縄流的心)に、なぜ、“moon”(月)が付いているのと聞かれる前に、説明しますね。

それは、沖縄の年中行事は、太陽暦ではなくすべて太陰暦(旧暦)に基づいて行われているので、ウチナ〜ム〜ン(沖縄のもの)と言う語呂合わせで付けました。

ウチナ〜ンチュウ(沖縄人)は、先祖代々、信仰心が篤く、家族と親族との繋がりも強いのです。一門として毎年年中行事が行われ、古来の風習、習慣が現在でも色濃く残っているところもあります。そしてそれがユダヤの文化と非常によく似ているのです。ユダヤでも同じ日(旧暦)に沖縄と同じような行事や儀式が現在でも行われています。

そこで「ウチナ〜moonのチムグクル」(沖縄流的心−沖縄文化)と「タルム〜ドの心」(ユダヤ流的心−ユダヤ文化)に、なぜ類似性があるのか? 一緒に考えてみることにします。

実例として、以下に沖縄の行事とユダヤの行事を列記してみました。

<沖縄の行事>

● 14日 年の夜(トゥシヌユル) 
旧暦正月の前夜(大晦日)新年を迎える儀礼がおこなわれる。 大掃除、門松、(3本の竹が門を表し赤い花は、血を表している)鏡餅、しめ縄を飾る。夜は一家で肉料理等の御馳走を頂く、夜道し起きて夜明けを待つ。そうしないと、魂を抜かれるとか、災いに会うといわれている。

● 15日 正月(祝日)
7日間続く、20日正月。1日が正月だが、15日〜20日にまた、小正月がくる。御馳走を供え、餅(種なしパン)を食べ、20日正月を締めくくる。

● 16日祭(ジュウルクニチ) 後世(グソー)の正月
この日、家族や一族が揃って御馳走やお酒を持って墓参りをして、先祖の正月を祝う。最初に死んで蘇った方(初穂)の祭りであろうとも言われている。

<ユダヤの行事>

● 正月14日 過越の祭り
正月の14日の夕は主の過越の祭りである。 (レビ23:5) 夕暮れに子羊を食し、その血を家の入口の2つの柱とかもいにそれを塗らなければならない。(出エジプト12:6〜7)わたしがエジプトの国を撃つ時滅ぼす者の災いはあなたたちに及ばない。(出エジプト12:13)

● 15日 種なしパンの祭り(安息日) 
7日間続く、21日の夕方まで種を入れぬパンを食べなければならない。(出エジプト12:18) 

● 16日 初穂の祭り

「イスラエルの人々に言い、わたしが与える地に入って穀物の初穂の束を祭司の所へ携えてこなければならない。…祭司は安息日の翌日に、これを揺り動かすであろう。」(レビ23:10〜11)

3日間の儀式の中に、新年を迎えるために、主が「約束の民」に与えた契約と祝福の賜物だとわたしは感じていますが、あなたはどう感じますか?       (月刊誌レムナント2005年5月号 p24〜25引用)
posted by 沖縄のホフマー at 22:21| Comment(0) | 沖縄・ユダヤ文化の類似性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

「はじめまして!」

はじめまして!

はじめてブログなるものに挑戦する、沖縄と妻と歌をこよなく愛する平和主義者−「沖縄のホフマー(知恵・ジョーク)」と申します。人生の究極の目的が、永遠に続く真の「喜び」と「幸福」を得ることだと確信し、目下自らの年齢もそっちのけで、ボランティア活動、囲碁、太極拳、ゴルフ、歌謡(懐メロ)も含めあらゆる良き事柄に果敢に挑戦しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、その心の若さを保つつ、喜びを得る活動のひとつに沖縄のアイデンティティー(信仰のルーツ)探しがあります。沖縄の文化と聖書中のユダヤ文化との間には非常に多くの類似点があります。それらを検証する中で、古代沖縄の先祖が実は聖書の教えを知り、守り伝えていた「神の民」であった可能性が浮かび上がってきました。このサイトでは、そのことをより深く研究し、知り得た事柄を皆さんに紹介していきたいと思っております。


また、その研究をさらに深めていくに当たっては、皆さんからの投稿や情報の提供も大いに歓迎いたします。


さらに、真の喜びと幸福に満ちた人生を過ごすための大切な鍵や知恵・ジョークを「島マース」「ティーダカンカン」コーナーでお届けするつもりです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

posted by 沖縄のホフマー at 15:33| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。